So-net無料ブログ作成
検索選択


システムズ・レジリエンス~”想定外”を科学する~ [科学]

私たちの社会を持続可能なものにしていくためには、様々な外界の事象に柔軟に

対応していかなければなりません。それらの事象の中には、想定されていたものも、

想定されていなかったものもあるでしょう。

2011年3月の東日本大震災を機に、「想定外」の事象への対応に改めて注目が

集まっています。「想定外」の事象とは何でしょうか? そのような事象に対して、

私たちはどのような備えをすればよいでしょうか?

レジリエンスとは、環境の大きな変動に対して、一時的に機能を失ったにしても、

柔軟に回復できる能力を指す言葉で、生物生態学などの分野でよく知られた概念で

す。私たちの科学技術は、「壊れないシステム」を目指すことに加えて、「壊れたと

きにどう回復するか」についての議論をもっとしなければならないのではないでし

ょうか

本シンポジウムでは、レジリエントなシステムを目指して、幅広く分野横断的に

意見交換し、科学的な目を持ってこの問題に取り組んでいく方向性を議論します。

「想定外事象」を数理的に捉え、過去の生態系のレジリエンスに学び、さらに現

代の人工物におけるベスト・プラクティスを知ることで、科学の新たな地平を切り

拓いて行きたいと考えます。



「システムズ・レジリエンス~”想定外”を科学する~」



1.日時 2012年02月15日(水)13:00~17:30

2.会場 一橋記念講堂

(アクセス)
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=2028359621959845
30510.00047f9c4cd1e8b7fb53a

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.rois.ac.jp/sympo/2011/

< 招待講演 >

テーマ 「サイエンス・ドリブン・イノベーション」

講師 矢野 和男(㈱日立製作所 中央研究所 主管研究長)

セッション1 「想定外」の数理 >

テーマ1 「稀少事象の統計学」

講師 川崎 能典(統計数理研究所 モデリング研究系 准教授)

テーマ2 「リスク管理から考える“想定外”」

講師 椿 広計(統計数理研究所 データ科学研究系 教授)

< セッション2 生物に学ぶレジリエンス >

テーマ1 「野外生物の環境適応能力」

講師 北野 潤(国立遺伝学研究所 新分野創造センター 特任准教授)

テーマ2 「Biological Robustness」

講師 馬場 知哉(情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 特任准
教授)

< セッション3 レジリエントなシステムの設計と運用 >

テーマ1 「実ネットワークにおける想定内と想定外」

講師 漆谷 重雄(国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授)

テーマ2 「レジリエンスのための人材育成」

講師 岡田 仁志(国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授)
< パネルディスカッション >

テーマ 「システムズ・レジリエンス学創成に向けて」

司会

統計数理研究所 モデリング研究系 教授 丸山 宏

パネリスト

・矢野 和男(㈱日立製作所 中央研究所 主管研究長)

・川崎 能典(統計数理研究所 モデリング研究系 准教授)

・椿 広計(統計数理研究所 データ科学研究系 教授)

・北野 潤(国立遺伝学研究所 新分野創造センター 特任准教授)

・馬場 知哉(情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 特任准教授)

・漆谷 重雄(国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授)

・岡田 仁志(国立情報学研究所 情報社会相関研究系 准教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

http://netcommons.rois.ac.jp/htdocs/?page_id=15

6.問い合わせ先 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 企画課企画係

TEL:03-6402-6215 E-mail:roissympo@rois.ac.jp

URL:http://www.rois.ac.jp/



主催 情報システム研究機構



共通テーマ:学問

未来へのバイオ技術~食総研は宝の山~ [生物]

食品総合研究所は(独)農業・食品産業技術総合研究機構の内部組織である。

農業研究との連携・情報共有化を強化し、消費者、行政部局、農業、食品産

業を受益者としてとらえ、食と健康の科学的解析、食料の安全性確保と革新的

な流通・加工技術の開発、生物機能の高度利用法の開発などの基礎的・基盤的

研究に邁進している。

食の認知科学、先端加工技術、ナノテクノロジー、麹菌ポストゲノム研究な

どの基礎的・先導的研究にも精力を注ぐとともに、HP等を通して分かりやす

い情報発信に努めており、原子力発電所被害による食品への影響HPを立ち上

げている。

食品研究分野における我が国の産学官の研究拠点として、世界をリードする

研究拠点として、より開かれ活力ある研究機関を目指している食品総合研究所

とJBAとが共同企画で勉強会を開催する。



「未来へのバイオ技術~食総研は宝の山~」



1.日時 2012年02月06日(月)13:30~17:00

2.会場 (一財)バイオインダストリー協会 第1会議室

(アクセス)http://www.jba.or.jp/about/access/index.html

3.参加費 一般3000円

4.プログラム(詳細
http://www.jba.or.jp/top/2012/0206_miraibio_syokusouken1.html

< 講演 >

テーマ1 「食の科学技術~頭で食べ、より健康に~」

講師 林 清(食品総合研究所 所長)

テーマ2 「機能性は食べなければわからない?~抗アレルギー機能を検索でき
る実験系確立をめざして~」

講師 後藤 真生(食品機能研究領域 機能性成分解析ユニット)

テーマ3 「DNAチップを用いた食品の機能性評価~生活習慣病軽減及びアレ
ルギー・炎症抑制効果の解明~」

講師 小堀 真珠子(食品機能研究領域 機能性評価技術ユニット)

テーマ4 「フィトエストロゲン腸内代謝を向上するアンチエイジング食品素
材」

講師 田村 基(食品機能研究領域 機能生理評価ユニット)

テーマ5 「抗酸化能の表示にむけたORAC測定法の妥当性確認」

講師 渡辺 純(食品機能研究領域 機能性生分解析ユニット)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://sec02.alpha-mail.net/jba.or.jp/H240206miraibio.htm

6.問い合わせ先 (一財)バイオインダストリー協会 "未来へのバイオ技術"勉強
会事務局

担当: 矢田・森下・穴澤

TEL:03-5541-2731 / FAX:03-5541-2737 E-mail :miraibio@jba.or.jp



主催 バイオインダストリー協会

タグ:バイオ技術

共通テーマ:学問

情報システム・ソフトウェア取引のトラブル未然防止 [IT]

企業活動におけるIT利用度の重要性が高まる中、システムの信頼性、安全性 向上


企業の活動、利益に直結した喫緊の課題であります。

そこで、経済産業省は「モデル契約」を策定しており、この概要について解説致しま
す。

また、開発したシステムにトラブルが発生した場合に、裁判での解決のみでは、
柔軟

な解決が可能とは言い切れません。 そこで、ソフトウェア専門の裁判外紛争 解決手
段に

ついての概要についてもご紹介致します。



「情報システム・ソフトウェア取引のトラブル未然防止」

~経産省公表”情報システム・モデル契約書”の活用など~



1.日時 2012年2月8日(水)18:00~20:00

2.会場 品川区立大崎図書館 2階 ビジネス支援図書館〈講習室〉

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細
http://www.mics.city.shinagawa.tokyo.jp/seminar/H24.02_monodukuri.pdf

< 講演 >

テーマ 「情報システム・ソフトウェア取引のトラブル未然防止」

講師 吉澤 尚氏(弁護士・弁理士・情報処理技術者、品川区ビジネス・カタリス
ト)

5.参加申し込み方法 お名前、所属を記入してFAX03-5498-6338へ申し込み下さ
い。

6.問い合わせ先 ものづくり・経営支援課 ものづくり支援係

電話番号:03-5498-6333 FAX番号:03-5498-6338



主催 品川区、区立大崎図書館


共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。