So-net無料ブログ作成


国産飛行場初飛行100年記念講演会~日本の航空のこれまでとこれから~ [航空]

1910年の徳川、日野大尉のファルマン機、グラーデ機による発飛行の翌年となる
1911年、

早くも奈良原三次による奈良原式2号機、徳川好敏による会式1号機が国産飛行機とし
て発飛行に

成功しているから本年でちょうど100年となる。

折しも、50年ぶりの国産ジェット飛行機であるMRJの開発が進んでいるこの時宣
をとらえ国

産機開発を中心にこれまでの日本の航空産業を概観するとともに、今後の日本の航空
を展望するた

め、各分野の専門を招いて講演を行う。



「国産飛行場初飛行100年記念講演会~日本の航空のこれまでとこれから~」



1.日時 2011年12月13日(火)10:00~17:10

2.場所 東京大大学本郷キャンパス浅野地区 武田先端知ビル

(アクセス)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html

3.参加費 会員5000円、会員外9000円、学生1000円(定員80名、資
料代含む)

4.プログラム(詳細http://aviation.u-tokyo.ac.jp/event

< 講演 >

テーマ1 「国産航空機開発を振り返って」

講師 鈴木 一義(国立科学博物館)

テーマ2 「国産エンジン開発を振り返って」

講師 石沢 和彦(航空ジャーナリスト協会)

テーマ3 「日本の航空輸送のこれまでと今後」

講師 酒井 正子(帝京大学)

講師 岡野 まさ子(東京大学)

テーマ4 「航空の研究開発の変遷と今後」

講師 山本 憲夫(電子航法研究所)

講師 鈴木 和雄(JAXA)

講師景山 正美(防衛省技術研究本部)

テーマ5 「MRJの開発について」

講師 藤本 隆史(三菱航空機㈱)

テーマ6 「次期固定翼哨戒機(XP-1)及び次期輸送機(XC-2)の開発につい
て」

講師 伊藤 真(防衛省)

テーマ7 「B787開発における日本の役割」

講師 花田 佳彦(JADC)

テーマ8 「装備品開発のグローバル展開と市場参入」

講師 高橋 教雄(住友精密工業)

テーマ9 「航空機産業における地域クラスターの役割と産学官連携」

講師 柳田 晃(SJAC)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://secure.flight.t.u-tokyo.ac.jp/aviation100/ 6.問い合わせ先 東京大学総括プロジェクト機構航空イノベーション総括寄付講座 FAX:03-5841-8560 Emal: aeroenv@flight.t.u-tokyo.ac.jp 主催 (社)日本航空宇宙学会、東京大学航空イノベーション研究会 後援 (社)日本航空技術協会
タグ:国産飛行場

共通テーマ:学問

専門セミナー「民間機装備品・部品の市場参入フロー」 [航空]

航空・宇宙利用技術の現状や現在研究している事例などを専門的な見地から講演を

行います。



専門セミナー「民間機装備品・部品の市場参入フロー」



1.日時 2011年10月28日(金)13:300~16:00

2.場所 東京ビッグサイト 会議室101

(アクセス)http://www.bigsight.jp/general/access/

3.参加費 3000円(定員100名、支払いは、会場受付にて現金)

4.プログラム(詳細
http://www.tokyoaerospace.com/eventprogram/special_seminar.html

< 講演 >

テーマ1 「ブラジルの航空機産業確立におけるITAと国の取り組み」

講師 Mr. Eidi Marcos Fujimaki(アセット・ケア社 研究開発担当役員 I
TAアルムニ(OB会)幹事)

テーマ2 「市場からの直接的ニーズを航空機に活かすには」

講師 福本 和泰氏 (㈱システム総合研究所インターナショナル 代表取締
役)

テーマ3 「航空機産業に安定した優秀な人材を提供するには」

講師 橋詰 匠氏(早稲田大学 教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

http://www.tokyoaerospace.com/eventprogram/special_seminar.html

6.お問い合せ先 東京国際航空宇宙産業展 (ASET)2011事務局

㈱東京ビッグサイト TEL:03-5530-1324 FAX:03-5530-1222

aset@tokyo-bigsight.co.jp



主催 東京都、東京ビックサイト

共通テーマ:学問

世界の航空機産業への参入戦略と事例~日本の中小企業もチャンスを生かせ~ [航空]

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度、神奈川県、JASPA株式会社では、中小企業の国際航空機産業参入

支援のため、下記の通り、中小企業のための国際カンファレンスを開催いたします。

中小企業の視点で世界の航空機市場を見据え分析し、部品市場や新しいサプライチェ

ーンによる一括受注体制の構築、研究開発市場参入などの内外の動向を議論します。

最後に総括として中小企業が世界の航空機市場に参入する具体的ヒントを日米共同発

表により提案いたします。

中小企業が航空機市場に参入するには今後の支援政策が重要課題となりますが、海外

の実態と日本の方向と課題についても発表いたします。



「世界の航空機産業への参入戦略と事例~日本の中小企業もチャンスを生かせ~」



1.日時 2011年10月28日(金)10:00~17:00

2.場所 東京ビッグサイト 6階 605-608会議室

(アクセス)http://www.bigsight.jp/general/access/

3.参加費 無料(定員400名、同時通訳)

4.プログラム(詳細http://www.jaspa.co.jp/conference2011/

< 講演 >

テーマ1 「欧米の航空機産業政策の概要」

講師 Peter Netek(チェコインベスト航空宇宙部門長、チェコ共和国政府)

テーマ2 「我が国航空機産業政策の将来像と中小企業の役割」

講師 坂田公夫(航空総合技術政策フォーラム代表幹事)

テーマ3 「CRIAQ(ケベック州航空宇宙研究開発革新連合体)

~企業主導の研究開発プロジェクトに中小企業を含む産学が連携するユニークモデル
~」

講師 安保 隆明(カナダ・ケベック州政府在日事務所 通商官)

テーマ4 「米国航空機製造産業への日本中小企業の参入に向けて転換期にある
米国航空機製

造業界およびサプライチェーンの現状ならびにJASPAの構想」(日米共同発表)

講師 Yukio Murakawa(Mura Aerospace LLC社長、アメリカ)

講師 田中冨士夫(JASPA 株式会社 専務取締役)

< 日本の中小企業の研究活動事例 >

事例1 「希土類無添加型超硬強度UTS650MPaマグネシウム合金の製造」

報告 三浦博巳(電気通信大学准教授

事例2 「重負荷用飛行ロボットの開発」

報告 岩田拡也(産業技術総合研究所 主任研究員)

事例3 「小型水上飛行機全機開発」

報告 明石克人(水上飛行機開発事業協同組合理事長
< 交流会 >

講師と参加者、参加者同士の交流

5.参加申し込み方法 下記URLの申込み手順に従って申し込み下さい。

http://www.jaspa.co.jp/conference2011/

6.問い合わせ先 JASPA株式会社

FAX:045-251-1204 Email : c-morita@jaspa.co.jp



主催 神奈川県

共催 JASPA株式会社

後援 経済産業省、JETRO、(財)神奈川科学技術アカデミー、チェコ政府、新
潟市、

まんてんプロジェクト、日本物流新聞、その他(交渉中)
タグ:航空機産業

共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。