So-net無料ブログ作成
検索選択


長期優良住宅先導事業シンポジウム~ストック社会の住まいづくりの課題と展望 ~ [生活]

長期優良住宅先導事業(当初は「超長期住宅先導的モデル事業」)は、「いいものを

つくってきちんと手入れして長く大切に使う」というストック社会の住宅のあり方に

ついて、具体の内容をモデルの形で広く国民に提示し、技術の進展に資するとともに

普及啓発を図ることを目的として平成20年度に始まりました。

これまであわせて7回に及ぶ提案募集には、住宅供給に関わる様々な事業者やそれ

らのグループから数多くの意欲的な提案が寄せられ、実際に新築住宅を中心として多

くの優良事例が生み出されてきました。

本シンポジウムでは、これまでに採択された事業者・グループの事例発表を交えな

がら、長期優良住宅先導事業の4年間の取り組みを振り返るとともに、既存住宅等の

改修に重点化して実施された平成23年度の応募状況と評価結果を概括した上で、ス

トック社会における住まいづくりはこれからどうあるべきか、国の平成24年度の施

策展開も見据えながら、その課題と展望を探ります。



「長期優良住宅先導事業シンポジウム~ストック社会の住まいづくりの課題と展望
~」





1.日時 2012年02月01日(水)13:30~16:30

2.場所 すまい・るホール

(アクセス)http://www.tokyo-machidukuri.or.jp/machi/seisaku2011/map.htm

3.参加費 無料(定員290名)

4.プログラム(詳細http://www.kenken.go.jp/chouki/info_sympo.html

< 講演 >

テーマ1 「長期優良住宅先導事業の意義と今後の取り組みへの期待」

講師 巽 和夫氏(長期優良住宅先導事業評価委員長・京都大学名誉教授)

テーマ2 「平成23年度長期優良住宅先導事業の概評と今後の動向」

講師 松村 秀一氏(長期優良住宅先導事業評価委員・東京大学大学院教授)

< 事例発表 >

事例1 鈴木 晴之氏(一般社団法人工務店サポートセンター 次世代の会会長)

事例2 三澤 文子氏(住宅医ネットワーク 代表)


事例3 小林 稔氏(一般社団法人良質リフォームの会 理事)


事例4 長谷川 寿夫氏(社団法人北海道建築技術協会 副会長・専務理事)

< パネルディスカッション >

テーマ 「ストック社会の住まいづくりの課題と展望」

コーディネーター

巽 和夫氏(長期優良住宅先導事業評価委員長・京都大学名誉教授)

パネラー

・鈴木 晴之氏(一般社団法人工務店サポートセンター 次世代の会会長)

・三澤 文子氏(住宅医ネットワーク 代表)

・小林 稔氏(一般社団法人良質リフォームの会 理事)

・長谷川 寿夫氏(社団法人北海道建築技術協会 副会長・専務理事)

・真鍋 純氏(国土交通省住宅局市街地住宅整備室長)

< 講演 >

テーマ3 「ストック社会の住まいづくりの今後と平成24年度の施策展開」

講師 村上 慶裕氏(国土交通省住宅局住宅生産課課長補佐)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込下さい。

http://www.kenken.go.jp/chouki/info_sympo2.html

6.問い合わせ先 独立行政法人 建築研究所 長期優良住宅先導事業評価室

FAX:029-879-0786 E-mail:chouki@kenken.go.jp



主催 (独)建築研究所、(社)住宅性能評価・表示協会。



共通テーマ:学問

忍び寄る生活危機!高まるライフプラン設計の必要性~どうなる?あなたのセカ ンドライフ~ [生活]

ライフプランのちょっとした見直しで、あなたの家計は驚くほど楽になります。

このセミナーでは、現在から老後に至るまでのあなたの家計で、どのくらいの

効果が期待できるかを検証する手法を学んでいただきます。



「忍び寄る生活危機!高まるライフプラン設計の必要性~どうなる?あなたのセカ
ンドライフ~」



1.日時(一回目)2011年12月16日(金)13:30~17:00

(二回目)2012年01月13日(金)同上

(三回目)2012年02月10日(金)同上

2.会場 神奈川中小企業センタービル 6階 大研修室(各コースとも)

アクセスhttp://www.kipc.or.jp/content/view/114/37/

3.参加費 一般5000円(定員20名、各コースとも)

4.プログラム(詳細 http://www.kipc.or.jp/content/view/979/115/

< 講演 >

テーマ 「忍び寄る生活危機!高まるライフプラン設計の必要性~どうなる?あ
なたのセカンドライフ~」

講師 (一回目)水野 誠一氏(初台エフピー相談室)

(二回目)堀江 雄二氏(同上)

(三回目)吉川 進氏(同上)

内容 ・キャリアプラン等・生涯収支の変化とセカンドライフ

・不確かな社会保険の行方

・見直しが必要な家計と資産運用(ライフプラン表作成の必要性)

5.参加申し込み方法 下記URLの手順に従って申し込み下さい。

http://www.kipc.or.jp/content/view/979/115/

6.問い合わせ先 公益財団法人神奈川産業振興センター 事業課

TEL:045-633-5202/FAX:045-633-5208/E-mail:kaizen@kipc.or.jp



主催 公益財団法人神奈川産業振興センター


共通テーマ:学問

新聞にできるのは何か~3.11が問うたもの~ [生活]

第11回講義・若宮啓文氏(朝日新聞主筆)「新聞にできるのは何か~3.11が問
うたもの~」

公開のお知らせです。本講座は、朝日新聞社から東京大学へのご寄附により開講され
た、全学部の

3・4年生と大学院生を対象とする学部横断型の講座です。

初年度である2011年度は「震災後、魂と風景の再生へ」をテーマに、文理の枠
組みを超えた

議論を展開しています。

このたび、第11回・12月16日の講義を履修者以外の方々にも公開することと
なりました。

講師は朝日新聞主筆の「若宮啓文氏」をお迎えします。朝日新聞社と東京大学が進め
る新しい試

みに、是非ともご参加ください。



「新聞にできるのは何か~3.11が問うたもの~」



1.日時 2011年12月16日(金)16:50~18:30

2.場所 東京大学本郷キャンパス文学部 法文2号館2階一番大教室

アクセスhttp://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/2401.html

< 講演 >

テーマ 「新聞にできるのは何か~3.11が問うたもの~」

講師 若宮啓文氏(朝日新聞主筆)

内容 誰もが予期しなかった3.11の大震災。新聞はどうしたか。何を求められた
か。

1923年の関東大震災の時と比べつつ、被災者と向き合う生身の記者の取材と葛藤

をお話し、ジャーナリズムの原点を考えたい。

5.参加申し込み方法 何方でも参加できます。直接会場へおいで下さい。

(お願い)。履修者を対象とする講義のため、着席および質疑応答は履修者を
優先します。

6.問い合わせ先 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科 総務チーム

Tel:03-5841-3705 電子メール:shomu@L.u-tokyo.ac.jp



主催 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科
タグ:新聞

共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。