So-net無料ブログ作成
検索選択


エネルギー ブログトップ
前の3件 | -

エネルギー・物質の併産(コプロダクション)および革新的省エネルギーと次世代産業基盤の構築 [エネルギー]

従来のエネルギー有効利用の原理であるエネルギーカスケーディングに代わるエネルギー

利用原理として、劣質化したエネルギーを再生させ循環利用する「エクセルギー再生」を提

案してきた。

熱エネルギー利用において、従来は燃料を燃焼させて熱を発生させそれで加熱していたの

に対して、一切加熱することなく熱を循環利用する自己熱再生させる。これによって、燃焼

加熱に比べてエネルギー消費を1/5~1/20と革命的に削減することが出来る。

本ワークショップでは、世界初の自己熱再生型バイオエタノール蒸留などの多くの開発事

例を紹介する。自己熱再生技術は、ほぼ全てのプロセスに適用することが可能であり、加熱

炉・ボイラーをコンプレッサーと熱交換器で置き換え、産業基盤、物質生産とエネルギー生

産のあり方を根底から変革できる。この物質とエネルギーの併産(コプロダクション)体系

と産業技術戦略について議論する。



「エネルギー・物質の併産(コプロダクション)および革新的省エネルギーと次世代産業基盤の構築」



1.日時 2012年02月02日(木)10:00~17:30

2.会場 東京大学生産技術研究所 コンベンションホール(An棟 2階)

(アクセス)http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/campusmap.html

3.参加費 2000円(要旨集代、定員250名)

4.プログラム(詳細 http://www.energy.iis.u-tokyo.ac.jp/html_seminar/s20120202.html

< 講演 >

テーマ1 「エネルギーカスケーディングからエクセルギー再生へ」

講師 堤 敦司(東京大学エネルギー工学連携研究センター)

内容 従来のエネルギー有効利用原理であったエネルギーカスケーディングから、

劣質化したエネルギーを再生してエネルギーを循環利用するエクセルギー再

生へパラダイムシフトすることにより大幅な省エネルギー・低炭素化が達成

できる。

テーマ2 「自己熱再生型バイオエタノール蒸留プロセスの開発」

講師 木内 崇文(新日鉄エンジニアリング)

内容 自己熱再生原理を適用したバイオエタノールの蒸留装置を世界で初めて開発

し、エネルギー消費を従来プロセスの1/6に低減させることに成功したので

報告する。

テーマ3 「圧縮機技術の現状と展望」

講師 西村 真(神戸製鋼所・機械研究所)

内容 エクセルギー再生では、圧縮機が重要な要素技術となる。ここでは圧縮機技

術の現状と将来の展望を述べる。

テーマ4 「自己熱再生に基づく磁気熱循環システム

講師 小谷 唯(東京大学大学院機械工学専攻)

内容 自己熱再生では加熱炉の替わりに圧縮機を用いて圧縮仕事を加えて熱を循環

利用している。ここでは磁気熱量効果を利用した新しい熱循環システムを提案

する。

テーマ5 「革新的自己熱再生型化学吸収CO2分離技術」

講師 岸本 啓(東京大学エネルギー工学連携研究センター)

内容 CCSにおけるエネルギー消費は8割近くがCO2分離によるものでCO2

分離の省エネルギー化が課題である。Pre-Combustion、Post-Combustionに自

己熱再生化することで、従来のエネルギー消費を1/3以下に引き下げられるこ

とを示す。

テーマ6 「ヒートポンプ加熱を超える革新的省エネルギー型熱循環モジュールの研究開発」

講師 大川原正明(大川原化工機)

内容 省エネ効果が高いヒートポンプ方式よりも自己熱再生による乾燥方式の方が大

幅に省エネ効果が見込める。適用先としては、乾燥や蒸発・濃縮、セメントの養

生、滅菌・消毒、海水淡水化、蒸留など将来的な波及効果は非常に大きいと考え

られる。

テーマ7 「自己熱再生乾燥プロセス」

講師 劉 玉平(東京大学大学院機械工学専攻)

内容 褐炭、バイオマスなどは、燃焼効率の低下・輸送費用の増大の問題を解決するた

め、乾燥工程が適用され る。しかし、乾燥工程では大量のエネルギーが消費され

ている。そこで従来型乾燥プロセスに自己熱再生を適用することで、従 来のエネ

ルギー消費量を1/4 以下に低減する。

テーマ8 「石油精製・石化分野における自己熱再生技術の展開」

講師 ?蔗 寂樹(東京大学エネルギー工学連携研究センター)

内容 石油精製・石化分野では、原油蒸留塔を始め多くの蒸留プロセスが用いられており、

これに自己熱再生を適用することでエネルギー消費を約1/8まで低減させることが

できる。ここでは自己熱再生蒸留プロセスについて解説するとともに石油精製・石化

におけるコプロダクションによるグランドデザインについて述べる。

< パネルディスカッション >

テーマ 「グリーンイノベーションによる我が国の産業技術戦略」

パネリスト

・渡邉 政嘉氏(経済産業省)

・実原 幾雄氏(新日本製鐵)

・中岩 勝氏(産業総合技術研究所)

・堤 敦司(東京大学エネルギー工学連携研究センター)

< 総括討論 >

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://www.energy.iis.u-tokyo.ac.jp/clipmail1/clipmail1.html

6.問合せ先 東京大学生産技術研究所 エネルギー工学連携研究センター 本間聖子

TEL 03-5452-6727 FAX 03-5452-6728



主催 東京大学エネルギー工学連携研究センター

協賛 東京大学エネルギー・資源フロンティアセンター )

東京大学先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター

化学工学会エネルギー部会、日本エネルギー学会、日本機械学会、日本化学会他

タグ:エネルギー

共通テーマ:学問

エネルギー持続性フォーラム「転換期をむかえたエネルギー利用とその地域的展開」 [エネルギー]

2011年3月11日の大震災とそれに伴い発生した福島第一原子力発電所の事故は

我々の生活・社会に甚大な被害と大きな衝撃を与えました。我が国のエネルギー政策
も、

原発の事故を受け、将来に向け原子力への依存を高めていくそれまでの基本計画が白


撤回され、政府、経済産業省を中心に見直しが進められているところです。

我々国民の立場でも、昨夏は電力使用制限を受けるなど、近年では制限無く安定的に

供給されるのが当たり前のようになっていたエネルギーのことを、政府レベルの問題


なく地域や生活に直接影響する身近な問題として意識された方も多いのではないで
しょ

うか。さらに、これからのエネルギーのあり方を考えるには、安全性・安定性・生活


での利便性という側面だけでなく、地球温暖化問題への対応という地球レベルの大き


視点でも引き続き捉えてゆく必要があります。

様々なジレンマを抱えながら、これからのエネルギー利用はどのようになっていくの

か、我々はどのように対応していくべきなのか。今、我が国は持続可能な将来へ向け
た、

エネルギー利用の大きな転換期をむかえようとしていると言えましょう。

本シンポジウムでは、エネルギーの未来に関する大局的な視点からの基調講演に続
き、

都市工学、社会科学の専門家、地方行政のリーダーというそれぞれの視点から、これ


らの地域でのエネルギー利用に関する講演を行うとともに、講演内容を踏まえたパネ


ディスカッションを行い、転換期をむかえたエネルギー利用の地域展開に向けた提言


行ないます。



エネルギー持続性フォーラム「転換期をむかえたエネルギー利用とその地域的展開」



1.日時 2012年2月 6日(月)13:00~17:30

2.会場 丸ビルホール(丸ビル7階)

アクセスhttp://www.marunouchi-hc.jp/hc-marubiru/index2.html

3.参加費 無料(定員300名)

4.プログラム(詳細http://www2.ir3s.u-tokyo.ac.jp/esf/symposium.html

< 基調講演 >

テーマ 「エネルギー政策における意思決定」

講師 吉川 弘之(科学技術振興機構 研究開発戦略センター センター長)

< 講演 >

テーマ1 「地域コミュニティ主導の低炭素社会づくり」

講師 花木 啓祐(東京大学大学院工学系研究科 教授)

テーマ2 「マルチステークホルダー合意形成と移行マネジメント」

講師 城山 英明(東京大学公共政策大学院 教授)

テーマ3 「“サステナブル都市”のイメージと政策課題」

講師 清原 慶子(三鷹市長)

< パネルディスカッション >

テーマ 「転換期をむかえたエネルギー利用とその地域的展開」

モデレーター

武内 和彦(東京大学大学院 農学生命科学研究科 教授)

パネリスト

・花木 啓祐(東京大学大学院工学系研究科 教授)

・城山 英明(東京大学公共政策大学院 教授)

・清原 慶子(三鷹市長)

・櫛屋 勝巳(昭和シェル石油㈱ソーラービジネス本部 担当副部長)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://www.simul.co.jp/simul-conf/ir3s/registration.html

6.問い合わせ先 ㈱サイマル・インターナショナル内)

E-mail:ir3s@simul.co.jp TEL:03-3524-3133



主催 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)

共催 昭和シェル石油㈱

協力 三菱地所㈱

タグ:エネルギー

共通テーマ:学問

持続可能な資源利用~アジアを中心とした課題と政策~ [エネルギー]

アジア地域における重要な政策課題の一つとして、各国および地域レベルでの

資源循環システムの構築をあげることができます。この資源循環を実現するため

に、日本政府や国際機関の協力の下、資源循環を考慮に入れた廃棄物・リサイク

ル政策が策定されはじめています。

しかし、政策と実態には乖離が見られ、先進国と発展途上国間の資源需要や国

際貿易などの経済的な視点に基づく政策の数量評価が強く求められています。

本シンポジウムでは、アジア地域を中心に、資源循環・資源利用抑制政策の類

型とそのような政策が資源・環境・経済に及ぼす影響について成果発表し、資源

循環の現状と資源循環・資源利用抑制のためになすべきことについて議論を深め

たいと思います。



「持続可能な資源利用~アジアを中心とした課題と政策~」



1.日時 2012年01月13日(金)13:30~17:00

2.場所 東京国際フォーラム ホールB5

アクセスhttp://www.t-i-forum.co.jp/function/map/

3.参加費 無料(定員200名、同時通訳)

4.プログラム(詳細http://www.iges.or.jp/jp/ea/activity20120113.html

< 基調講演 >

テーマ 「アジア太平洋地域における経済と資源効率」

講師 ハインツ・シャンドル(オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)上級
研究リーダー)

< 成果発表1 >

テーマ 「アジアにおける持続可能な資源循環へ向けた国際協力の方向性」

発表 堀田 康彦(IGES持続可能な消費と生産グループ 副ディレクター)

討論者 道田 悦代(日本貿易振興機構アジア経済研究所 新領域研究センター
環境・資源研究グループ 研究員)

< 成果発表2 >

テーマ 「日中韓CGEモデルによる資源消費抑制・資源循環政策の評価分析」

講師 小嶋 公史(IGES経済と環境グループ ディレクター)

< 成果発表3 >

テーマ 「資源制約の経済影響評価とそのマテリアル・バランスの検証」

講師 安達 毅(秋田大学 国際資源学教育研究センター 教授)

討論者 クリスティアン・ルッツ(経済構造研究所(GWS)最高経営責任者)

< パネルディスカッション >

テーマ 「アジア太平洋地域における持続可能な資源利用の推進に我々は何をなすべ
きか」

ファシリテーター

小嶋 公史(IGES経済と環境グループ ディレクター)

パネリスト

・ハインツ・シャンドル(オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)上級研
究リーダー)

・クリスティアン・ルッツ(経済構造研究所(GWS)最高経営責任者)

・道田 悦代(日本貿易振興機構アジア経済研究所 新領域研究センター 環境・資源
研究グループ 研究員)

・村上 進亮(東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 准教授)

・堀田 康彦(IGES持続可能な消費と生産グループ 副ディレクター)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://form.iges.or.jp/webapp/form/11205_zoq_165/index.do

6.問い合わせ先 財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)

Tel:046-826-9575 Fax:046-855-3809 eesem-re@iges.or.jp



主催 地球環境戦略研究機関(IGES)、環境省

タグ:持続可能

共通テーマ:学問
前の3件 | - エネルギー ブログトップ



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。