So-net無料ブログ作成


ビジネス ブログトップ
前の3件 | -

1人ビジネスが失敗する理由 [ビジネス]

コンサルタントや各種士業、
デザイナーやセラピストなど
何かの専門知識や専門スキルがあれば

それを武器にして独立起業することで
雇われの従業員だった頃以上の
収入を手にすることができます。


但し、それはお客さんがいれば
という条件付きの話です。


いくら、知識やスキルが優れていても
お客さんがいなければ、
お金を支払う人もいないので
収入は増えるどころが無一文になります。


逆に、もし予約の絶えない状況を
作り出すことができれば
収入は青天井になることでしょう。


この本はそういった予約の絶えない
「仕組み」がどうすれば作れるか?

知識や技術力は同じなのに
儲かる専門家と儲からない専門家の
違いは一体何なのか?

文句や注文ばかり言う面倒なお客を
相手にしないといけない専門家と
お客に尊敬される専門家は何が違うのか?

といった、ゼロから起業して
理想のお客で予約がいっぱいになる仕組みが
どうすれば作れるかが分かる本です。


起業初心者の方のみならず
今、起業して上手くいっていない人も使える
非常に便りにできるガイドブックです。


各章には数多くの練習問題があり
起業の際に何をするべきか、
考える手助けもしてくれます。


将来、専門家として起業したい方や
今、一人でビジネスをされている方は
是非、チェックしてみてください。

1人ビジネスが失敗する理由












共通テーマ:学問

中小製造業に忍び寄る、国際経済の光と影 [ビジネス]

中小製造業の経営者のみなさんは、日頃どれだけ国際経済を意識して活動している

でしょうか。近年の国際経済はその混沌さを増しています。

「国際経済の影響はそもそも受けない」「自分は下請だから関係ない」などと思って

いる企業にも、確実にその影響は及ぶでしょう。本セミナーでは国際経済の実情を踏

まえ、その今後の影響についての観測を、具体的かつ余すところなく、最新事情も盛

り込んでお伝えします。



「中小製造業に忍び寄る、国際経済の光と影」



1.日時 2012年02月24日(金)14:30~17:00

2.会場 城東支社(城東地域中小企業振興センター内)2階会議室

(アクセス)http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/joto.html

3.参加費 無料(定員50名)

4.プログラム(詳細http://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1201/0001.html

< 講演 >

テーマ 「中小製造業に忍び寄る、国際経済の光と影」

講師 真田 幸光氏(愛知淑徳大学教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

https://fs220.xbit.jp/v375/form2/

6.問い合わせ先 城東支社

TEL:03-5680-4631 / FAX:03-5680-0710 E-mail:joto@tokyo-kosha.or.jp



主催 東京都中小企業振興公社

タグ:中小製造業

共通テーマ:学問

日本人は今後どのような働き方を目指すべきか~労働時間からの考察~ [ビジネス]

生涯成長型システムプロジェクトでは、定期的に雇用システムワークショップを開催
します。

ワークショップでは、近未来の望ましい雇用システムについて自由な観点から多角
的・学際

的に検討していきます。

労働市場、企業組織、人事管理などの現状や歴史について、理論的・実証的に考察す
るほか、

雇用政策についての理解も深め、その企画・立案・評価のあり方も実践的に考えてい
きます。

さらには雇用に関する法・制度の国際比較による検討も重視していきます。

ワークショップにご関心のある方は、研究者、学生、実務者、政策関係者などを問わ
ず、誰

でも自由にご参加いただけます。



「日本人は今後どのような働き方を目指すべきか~労働時間からの考察~」



1.日時 2012年01月12日(木)15:00~17:00

2.場所 東京大学社会科学研究所 赤門総合研究棟5階 センター会議室(54
9)

(アクセス)http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細
http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/future/activities/employsys/

< 研究報告 >

テーマ 「日本人は今後どのような働き方を目指すべきか~労働時間からの考察
~」

報告 黒田祥子氏(早稲田大学 教育・総合科学学術院)

5.参加申し込み方法 何方でも参加できます。直接、会場へおいで下さい。

6.問い合わせ先 東京大学社会科学研究所



共催 東京大学社会科学研究所

科学研究費補助金特別推進研究「世代間問題の経済分析」

タグ:労働時間

共通テーマ:学問
前の3件 | - ビジネス ブログトップ



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。