So-net無料ブログ作成
検索選択


オーダーメイド農業の生産技術開発~第二次産業の技術を第一次産業へ~ [農業]

「オーダーメイド農業の生産技術開発~第二次産業の技術を第一次産業へ~」


機械工業などの二次産業では、グローバル化による空洞化が課題であり、新規市場
の開拓が求められています。一方で、農業などの第一次産業では、TPP(環太平洋
戦略的経済連携協定)などにより、グローバルな視野を含めた競争力強化が必要とさ
れています。特に、農業生産の効率化や品質向上のみならず、顧客の要求にあわせて、
生産から消費までのサプライチェーンを形成する顧客志向型農業(オーダーメイド農
業)が求められています。そこで、機械振興協会技術研究所では、顧客志向型農業の
促進と各産業活性化のため、機械産業で培った技術を農業分野へ適用する農工連携の
取り組みとして「コンシューマーアグリ研究会」を発足させました。今回のテクノフ
ォーラムは、「オーダーメイド農業の生産技術開発」と題し、農業法人やサプライヤ
などの各立場から、農業生産の課題や農工連携の必要性と展望に関する講演、および
コンシューマーアグリ研究会のご紹介をします。このフォーラムにより、皆様のビジ
ネスにお役立てできればと存じますので、是非ご参加いただけますようご案内申し上
げます。



1.日時 2013年11月08(金)10:30~
2.会場 東京ビッグサイト 会議棟701+702会議室
  (アクセス)http://www.bigsight.jp/general/access/
3.参加費 無料(定員100名)
4.プログラム(詳細 http://www.jspmi.or.jp/system/seminar.php?ctid=1306&smid=53
< 講演 >
テーマ1 「ベビーリーフ生産の最新事情と果実堂の取り組み」
講師 高瀬 貴文(㈱果実堂 栽培管理部 部長) 
内容 高付加価値 農産物の大規模栽培(人材育成,機械化)/サイエンス(脱経験)
による環境制御/データベースによる栽培履歴の集積/機能性(予防医学)と安
全安心 等についてご説明します。
  テーマ2 「スプラウト生産品質管理~サラダ菜野菜への応用~」
  講師 津田 晴樹(オズスペック㈱ 代表取締役)
  内容 スプラウト、サラダ菜野菜とは(発芽、子葉(双葉)、本葉)/スプラウトとサラ
ダ菜野菜の生産方法(生産工程、設備、品質管理、衛生管理)/サラダ菜野菜生産の
現状(収穫周期、収益性、食の安全、TPP)/スプラウト生産品質管理の応用(品
質管理、衛生管理、機械導入)/サラダ菜野菜用機械と生産品質管理の紹介(収穫機、
シェイカーテーブル、洗浄機、除水機、工場内配列)/今後の目標とアプローチ等に
ついてご説明します。
  テーマ3 「農工連携の突破口! コンシューマーアグリ研究会とは」
  講師 飯塚 保(機械振興協会 技術研究所 技術開発センター センター長代理)
  内容 コンシューマーアグリ研究会は、農工連携でオーダーメイド農業の実現を目指し
ます。従来の経験とカンに頼る農業から脱却するため、機械産業の生産技術やICT
技術を活用します。本研究会は、農業生産者のニーズと機械関連企業のシーズをマッ
チングさせ、製品開発など連携ビジネスの促進を行います。
5.参加申し込方法 下記URLより申し込み下さい。
https://fs219.xbit.jp/m674/form2/
6.問い合わせ先 一般財団法人機械振興協会 技術研究所
企画管理室 長島清隆
TEL:042-475-1155

    主催 一般財団法人機械振興協会 技術研究所
後援 日刊工業新聞社
協賛 開発技術学会、ORiN協議会、公益財団法人栢森情報科学技術振興財団他


共通テーマ:学問

イネイネ・日本~がんばれ、東日本の米作り!~ [農業]

イネイネ・日本」研究会はホールクロップ・イネを対象にした「日本型バイオマス

システム」を構築することを目的とする。当面は、短期的効果が見込めるホールク


ップ・イネのバイオエタノール化に関する技術・システムの開発を行うとともに、こ


を生産・利用する社会システムを形成して化石エネルギーの利用量を削減し、同時に


村振興を図り、持続的な社会を構築することを目指す。

今回、「イネイネ・日本~がんばれ、東日本の米作り!~」というテーマでの講演
です。



「イネイネ・日本~がんばれ、東日本の米作り!~」



1.日時 2011年12月14日(水)13:00~18:00

2.場所 東京大学農学部3号館4階大会議室

アクセスhttp://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html

3.参加費 無料(定員150名)

4.プログラム(詳細http://www.a.u-tokyo.ac.jp/event/2011/20111206-1.pdf

< 基調講演 >

テーマ 「東日本大震災後の日本における水田と稲作~稲作史からの展望~」

田中 耕司(京都大学次世代研究者育成センター・プログラムマネージャー・特任教
授)

< 話題提供 >

テーマ1 「バイオマス利活用と震災復興への取組み」

講師 野津山 喜晴(農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課・課長)

テーマ2 「東日本大震災復興におけるJAグループの取組み」

講師 築地原 優二(全国農業協同組合中央会営農・農地総合対策部・部長)

テーマ3 「福島県における農業被害と対策~いわき地域の取組み~」

講師 遠藤 幸男(福島県いわき農林事務所農業振興普及部地域農業推進課・課長)

テーマ4 「東日本大震災復興における東京大学農学部の取組み」

講師 中西 友子(東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)

< 総合討論 >

森田 茂紀(東京大学大学院農学生命科学研究科・教授)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。

HP(http://www.ineine-nippon.jp/)

6.問い合わせ先 「イネイネ・日本」研究会事務局

東京大学大学院農学生命科学研究科 産学官民連携室(アグリコクーン事務
室)内

電話 03-5841-8882 ファックス 03-5841-8883

電子メール info2011@ineine-nippon.jp



主催 「イネイネ・日本」研究会 ・ 東京大学大学院農学生命科学研究科他

後援 東京大学大学院農学生命科学研究科 東京大学サステイナビリティ学連携研究
機構他
タグ:米作り

共通テーマ:学問

コケ植物から金属を回収する~金やレアメタルの持続可能な回収を目指して~ [農業]

強い毒性を持つ鉛や水銀などを高濃度に蓄積するコケを利用して、排水処理

や資源回収に役だてます。

植物科学の基礎科学から生まれつつあるグリーンイノベーションを紹介する。

具体的な内容としては①多様なコケ植物の世界、②金属超含蓄コケ植物、③

コケ植物を用いたグリーンイノベーションについての講演です。



「コケ植物から金属を回収する~金やレアメタルの持続可能な回収を目指して~」



1.日時 2011年6月23日(木)19:00~20:30

2.会場 三鷹ネットワーク大学

アクセスhttp://www.mitaka-univ.org/info/access.php

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/A1152900.php

テーマ 「コケ植物から金属を回収する~金やレアメタルの持続可能な回収を目
指して~」

講師 井藤賀 操(理化学研究所 植物科学研究センター 生物機能研究グルー
プ 研究員)

5.参加申し込方法 下記URLより申し込下さい。

https://www.kouza.mitaka-univ.org/apply_error.php

6.問い合わせ先 三鷹ネットワーク大学連絡先

電話 0422-40-0313 Fax 0422-40-0314

info@kouza.mitaka-univ.org



主催 三鷹ネットワーク大学


タグ:コケ植物

共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。