So-net無料ブログ作成
検索選択


英国から見たペルシア湾岸・アラビア半島情勢 ~英国人中東専門家によるご講演 ~ [国際]

英国は歴史的にイスラム世界と直接的かつ深く関係を有してきた国家です。

そのため、英国のイスラム研究には膨大な蓄積があり、日本はじめ世界の

研究者がその恩恵に浴しています。

とくに、現代中東研究ではフィールドワークが重視され、多様な切り口で

実証的研究が進められています。今回招聘する英国人専門家は、アラビア半

島研究の新進気鋭の専門家です。

「アラブの春」がこの地域に与えた影響、これからの展望についてご講演

いただきます。英国から見た湾岸・アラビア半島情勢というテーマは、中東

イスラムの政治変動をグローバルな観点から理解する絶好の機会です。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。



「英国から見たペルシア湾岸・アラビア半島情勢 ~英国人中東専門家によるご講演
~」



1.日時 2011年12月5日(月)15:00~18:00

2.会場 日本財団ビル2階大会議室

アクセスhttp://www.spf.org/smeif-j/profile/access.html

3.参加費 無料(日英同時通訳付)

4.プログラム(詳細
http://r31.smp.ne.jp/u/No/117462/IGfLCiDFfhgh_7853/111128001.html

< 講演 >

テーマ 「英国から見たペルシア湾岸・アラビア半島情勢」

講師 ロリー・ミラー教授(キングス・カレッジ)

講師 クライヴ・ジョーンズ教授(リーズ大学

< コメント >

コメント 宮田律(静岡県立大学准教授)

< パネルディスカッション >。

宮田律(静岡県立大学准教授)

パネリスト

・ロリー・ミラー教授(キングス・カレッジ)

・クライヴ・ジョーンズ教授(リーズ大学)

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。(締切は12/4まで)

https://reg31.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=pao-ljret-5a356f4473d9a7105042be06
eb7bdd34

6.問い合わせ先 笹川中東イスラム基金(松長・加藤・関口)

Phone: 03-6229-5459, Fax: 03-6229-5473

E-mail: middle-east@spf.or.jp



主催 笹川平和財団



共通テーマ:学問

中国市場への挑戦~”内販シフト”への転換 戦略とリスク~ [国際]

上海万博を無事成功させた中国は、昨年GDP総額が日本を追い越し世界第2

位となりました。

「世界の工場」へと日本企業進出が集中した中国ですが、今では「世界の市場」

として熱い視線を集めています。加工輸出から「内販シフト」への潮流のなかで、

市場開拓戦略や販売リスクをどう考えていけばよいのでしょうか。

今回のセミナーでは、中国ビジネスコンサルティングに関する多数の著作で知

られる遠藤誠氏(㈱チャイナワーク)に、中国市場での販売戦略とその手法に関

するキーポイントについて、わかりやすくご講演頂きます。

更に㈱ISTソフトウェア取締役染谷氏には中国国家標準規格(GB)につい

てご説明頂きます。奮ってご参加ください。



「中国市場への挑戦~”内販シフト”への転換 戦略とリスク~」



1.日時 2011年12月8日(木)14:00~16:00

2.会場 大田区産業プラザ3階 特別会議室

アクセスhttp://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

3.参加費 無料(定員80名)

4.プログラム(詳細http://www.pio-ota.jp/news/seminar/post_329.html

< 講演 >

テーマ1 「中国市場での販売戦略とその手法」

講師 遠藤 誠氏(㈱チャイナワーク 専務取締役)

内容

・中国市場の現状

・販売戦略の具体例(商品のPR方法、拠点作り、販売手法など)

・販売戦略の留意点

テーマ2 「中国国家標準規格(GB)」

講師 染谷 光四郎氏(㈱ISTソフトウェア 取締役)

内容 中国国家標準規格(GB)の概要とリスク回避のための留意点

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。


https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=qbo-lcrjr-5370c0b9cb4050de281ed034
c9f940df

6.問い合わせ先 公益財団法人 大田区産業振興協会 企業支援グループ 海外取
引担当

TEL 03(3733)6404 FAX 03(3733)6496

受付時間:月~金曜日(休祝日・年末年始を除く)8;30~17:15



主催 公益財団法人 大田区産業振興協会

タグ:中国市場

共通テーマ:学問

東アジアとヨーロッパにおける昨今の課題 [国際]

平素よりグローバル・リーダーシップ寄付講座(読売新聞社)へのご参加、

ご関心をいただき誠にありがとうございます。

この度、連続公開セミナー(第13回)フォルカー・シュタンツェル駐日ドイ

ツ大使 特別講義 「東アジアとヨーロッパにおける昨今の課題」を下記の通り行

います。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。尚、席に限りがござ

いますので、お早めにお申し込みくださいますようお願い申し上げます。



「東アジアとヨーロッパにおける昨今の課題」



1.日時 2011年11月30日(水)17:30~19:40

2.場所 東京大学本郷キャンパス 法文1号館 22番教室

アクセス http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html) 3.参加費 無料(日本語) 4.プログラム(詳細 http://www.gls.j.u-tokyo.ac.jp/ < 特別講演 > テーマ 「東アジアとヨーロッパにおける昨今の課題」 講師 フォルカー・シュタンツェル(駐日ドイツ大使) 概要 日本はもちろんドイツも、今年は年初想像できたよりはるかに多くの突然 の変化に見舞われた一年でした。 ・日本経済は震災のショックから立ち直り、再び安定回復への道を歩んでい ますが、政治についても同様のことは言えるのでしょうか。 ・北東アジア情勢は、昨年、北朝鮮関連、中国関連で深刻な問題が発生しま したが、今年に入り落ち着いた推移を見せてきました。しかし、中国では 国家指導部トップの交代を控えています。 ・ヨーロッパでは、アイルランド、ポルトガル、ギリシャへの支援が進めら れたことで、ユーロへの市場の信用を取り戻せたのではとの期待がありま したが、ギリシャ危機の推移によっては、EU経済もリーマンショックが 世界経済の根底を揺さぶったような深刻な影響をこうむる可能性が排除で きなくなりました。 ・米国では、大統領選にむけ選挙戦が本格化していきます。経済指標のわずか な悪化や好転がオバマ大統領続投の成否にもつながりかねない中、日独にと り最重要の同盟相手である米国はリーダーシップを発揮できるでしょうか。 (司会) 久保文明(東京大学大学院法学政治学研究科・法学部 教授) 5.参加申し込み方法 ①講演名、②氏名(ふりがな)、③所属、④メールアドレス をご記載の上、グローバル・リーダーシップ寄付講座事務局 ( glsapply@j.u-tokyo.ac.jp)までお申し込 み下さい。 6.問い合わせ先 グローバル・リーダーシップ寄付講座事務局 メール glsapply@j.u-tokyo.ac.jp 以上 主催 東京大学法学政治学研究科・法学部 グローバル・リーダーシップ寄付講座(読売新聞社)事務局
タグ:東アジア

共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。