So-net無料ブログ作成
検索選択


先端ロボットの開発と未来社会~蛇は足が無いのに何故推進できるのか?~ [技術]

広瀬研では、「蛇型ロボット」「レスキューロボット」「人道的地雷除去システム」

「離散的不整地を移動できる歩行ロボット」「福祉・介護ロボット」などの研究開
発、

さらには今後、農林水産関係で役立つロボットなども視野に入っているようです。

そしてはるか先?ですが、50年後の未来社会で活躍するロボットは?を思い描

き、その時代の人々の生活に役立つロボット開発の在り方についてもお話しいただ

きます。



「先端ロボットの開発と未来社会~蛇は足が無いのに何故推進できるのか?~」



1.日時 2012年02月03日(金)10:00~12:00

2.場所 大田区産業プラザ(PiO)6階 D会議室

アクセスhttp://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.pio-ota.jp/news/u-seminar/65.html

< 講演 >

テーマ 「先端ロボットの開発と未来社会~蛇は足が無いのに何故推進できるの
か?~」

講師 広瀬 茂男(東京工業大学大学院 理工学研究科 機械宇宙システム専攻

スーパーメカノシステム創造開発センター センター長)

概要 東京工業大学の広瀬福島研究室で現在開発中の先端ロボットの開発事例を
まず

紹介する。それらは、原発の廃炉作業などを目的とした遠隔操作型移動作業ロボッ

ト、狭隘な空間での探索作業などを行う数々のヘビ型ロボット、車輪やクローラな

どと歩行を組み合わせた歩行ロボット、2025年の打ち上げを目指した3輪月探

査ローバ、人道的地雷探知除去ロボット、無停電で高圧電線を点検するロボット、

水難救助用ロボットなどである。

それと同時に、50年後の未来社会にどのようなロボットが活躍しているのかを

考察し未来の人々の生活を 望ましいものとしていくためのロボット開発の在り方

を論ずる。

5.参加申し込み方法 下記URLより申し込み下さい。


https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=qbo-ldqjo-d3354f2a0b3ef5a6d1163f21
19528326

6.問い合わせ先 公益財団法人大田区産業振興協会 企業支援グループ

TEL 03(3733)6144 FAX 03(3733)6496



主催 公益財団法人大田区産業振興協会

協賛 東京工業大学産学連携推進本部


共通テーマ:学問

福島原発事故の徹底検証とこれからのテクノロジー、技術者、ものづくりの課題 [技術]

東日本大震災は、マグニチュ-ド9.0の地震、津波、原発事故が連鎖し、

社会(企業、行政、政治)の機能不全を明るみにだすことにより、私達にか

つてない衝撃を与えました。東京城南地域の多くの中小企業が、部品の製造、

加工などによって、原子力発電プラントと結びついています。

本校で学ぶ学生にとって、社会において産業技術がどう管理されているか

は、その将来に直結する課題です。

第二次世界大戦後のわが国は、軍事大国や政治大国の道を歩まず、経済立

国=技術立国の道を歩み、国際社会の中で主要国の地位をつくりあげてきま

した。国際環境が大きく変容する中、今回の原発事故に真摯に向き合うこと

ができるか? は、私達とわが国の将来を決定づけて行くでしょう。

原子力発電プラントに深く係わってきたお二人の設計技術者をお迎えし、

今回の原発事故を徹底検証し、これからのわが国のテクノロジ-と技術者、

ものづくりの課題を明らかにしていきます。



福島原発事故の徹底検証とこれからのテクノロジー、技術者、ものづくりの課題」

~原発事故とものづくりの担い手のあり方を問う!~



1.日時 2011年10月30日(日)13:00~15:30

2.会場 東京都産業技術高等専門学校 中央棟4階合同会議室

アクセスhttp://www.metro-cit.ac.jp/information/access.html

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/flack/8011.pdf

< 講演 >

テーマ 「原発事故とものづくりの担い手のあり方を問う!」

講師 後藤 政志氏(元東芝原子炉格納容器設計技術者)

講師 渡辺 敦雄氏(沼津工業高等専門学校特任教授)

5.参加申し込み方法 下記URLの参加申し込手順に従って申し込み下さい。

http://www.tokyo.doyu.jp/tokyo-doyu/flack/8011.pdf

6.問い合わせ先 東京都立産業技術高等専門学校 事務局03-3261-7201 (荻原)



主催 東京都立産業技術高等専門学校/東京中小企業家同友会

後援 大田区/ 品川区

共通テーマ:学問

感情を持ったロボット [技術]

これまで鉱工業などの第2次産業を中心に普及してきたロボット。今世紀には

農林水産業などの第1次、および商業・運輸通信業・サービス業などの第3次産

業分野に展開・普及してゆくであろうことは多くの人の予想するところとなって

いる。

このような背景のもと、トヨタ、NEC、ホンダなど日本の製造業の中心的存

在としてその牽引役を果たしてきた企業やいくつかのロボット・ベンチャー企業

が、一般家庭への普及を視野に入れたヒューマノイド・ロボット(人間型ロボッ

ト)を続々と発表、ビジネス化へ向けて動き出している。

では何故、ヒューマノイドなのか?ヒューマノイドロボット研究の現在、そし

て未来への展望とは?



「感情を持ったロボット」



1.日時 2011年10月4日(火)19:00~21:00

2.会場 d-labo SURUGA Bank ミッドタウン7階

アクセスhttp://www.d-labo-midtown.com/concept.html

3.参加費 無料

4.プログラム(詳細http://www.d-labo-midtown.com/d-log-detail.php?id=326

テーマ 「感情を持ったロボット」

講師 高西 淳夫氏(早稲田大学理工学術院総合機械工学科教授)

5.参加申し込み方法 参加希望の方は、セミナー名・お名前・電話番号・E-MAILアドレス

を記入の上、メール d-labo@surugabank.co.jp へお送りください。

6.問い合わせ先 d-labo(dream laboratory by SURUGA bank) ミッドタウン・タワー7F

TEL 03-5411-2363



主催 SURUGA Bank

タグ:ロボット

共通テーマ:学問



seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。