So-net無料ブログ作成


バイオミメティクスがもたらす技術革新~現代的意義と日本の課題~ [生物]

「バイオミメティクスがもたらす技術革新~現代的意義と日本の課題~」



ナイロンの発明以来「生物に学ぶ」ことは半ば常識であり、BiomimetiC Chemistryから
分子ナノテクノロジーにいたる潮流となった。今世紀に欧米を中心に台頭したバイオミメ
ティクス新潮流の現代的意義と課題を提起する。



1.日時 2013年11月29日(金)16;40~17:40
2.会場 早稲田大学50号館 先端生命医科学センターTWIns 3階 セミナールーム3
(アクセス)http://www.twins.sci.waseda.ac.jp/access/index.html
3.参加費 無料
4.プログラム(詳細http://waseda-events.jp/?y=2013&m=11&d=29
 < 講演 >
  テーマ 「バイオミメティクスがもたらす技術革新~現代的意義と日本の課題~」
講師 下村 政嗣(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授)
5.参加申し込方法 何方でも参加できます。直接、会場へお越しください。
6.問合せ先 理工センター総務課 TEL:03-5286-3000

    主催 早稲田大学大学院 先進理工学研究科 生命医科学専攻




seo great banner
このページの情報は、Amazon・電脳・YAHOO Web サービス によって提供されています。Supported by 楽天ウェブサービス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。